ドコモ光を利用して併用できる割引を全て使いましょう

ドコモのスマートフォンを使っていて、固定回線としてNTT東西の光回線を利用可能な状態ならば、ドコモ光パックの適用を受けて割引を受けない手はありません。

 

固定回線として光回線を引くと毎月固定の通信費が発生し、スマートフォンのデータ通信契約も定額制となるので、ドコモ光パックによる割引が受けられれば固定費を削減出来ます。ドコモ光へ切り替えたからといって、通信回線品質が変わることはありません。

 

プロバイダーを切り替えれば、速度やつながりやすさに違いが出ますが、光回線部分の契約先のみを変更するだけですからドコモ光への変更だけならば今までと同じ通信品質を維持出来ます。なぜなら、ドコモ光で使用する光回線は、フレッツ光そのものであって、NTT東西地域会社からドコモが光回線の卸売販売を受けて提供しているからです。

 

既にフレッツ光利用中であれば、回線終端装置の交換も必要無いので、プロバイダー部分さえいじらなければ、契約先変更程度の違いしかありません。プロバイダーごとにAタイプとBタイプの2種類に分かれていますが、今まで支払ってきた金額よりも大半は安くなり、ドコモ光パック適用で更に通信量割引が適用されます。

 

長年ドコモの携帯電話を利用している人にとっては、ずっとドコモ割とドコモ光パックの併用が出来るメリットは大きいでしょう。長く使い続けている顧客を大切にする姿勢をドコモから感じることが出来るので、併用可能な割引は最大限利用して、家庭の通信費を節約することが望ましいです。