人の心の動きを見事に表した名曲、ショパン別れの曲

フレデリック・ショパンが作曲した独奏ピアノ曲 練習曲作品10第3番ホ長調は、日本では一般的に「別れの曲」として知られています。

 

これは、1934年に公開されたドイツ映画の邦題『別れの曲』でこの曲がテーマとなったことに由来しています。
卒業式や新しい門出の日に、この曲が良く使われる曲でもあり、知名度・人気ともに抜群ですね。

 

最初の穏やかでしっとりとしたメロディーがとくに有名ですが、中間部にはショパンらしい激しく燃えるような旋律が入ります。

そしてまた最初のメロディーに戻るところに、激情のあとのあきらめや受容、そして悲しみを昇華し、しずかに別れを惜しむ心の変遷を見ることができる曲です。

 

また、フランツ・リストに献呈するときに「これほど美しい旋律を今まで書いたことがない」とショパン自身が彼に語ったといわれるほど、ショパン自身も気に入っている曲というのも注目ですね。

 

ショパンの「別れの曲」は、演奏する方によってずいぶん雰囲気が異なるので、お気に入りの演奏家の作品を見つけることもまた「別れの曲」を楽しむ方法の一つです。

 

人の心の動きを見事に表した名曲です。

辛いとき、さみしいとき、そして別れを体験したとき、ぜひお聴きください。

 

別れの曲 ショパン